血糖値

血糖値を下げるために大事な生活習慣とは?

きっと血糖値を下げたいと考えて、様々なことを行っていると言うこともきっといらっしゃることでしょう。血糖値を下げるためにあなたはどのようなことを行っていますでしょうか?血糖値を下げるためたくさんあるのですが、その中で生活習慣で血糖値を下げることができる方法についてお話をしていきたいと思います。

 

血糖値を下げるために行った方が良いとされていることが運動です。運動と聞くととても大変かつ辛いことを行わなければならないとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、血糖値を下げるにあたってそれほどハードな運動を行う必要ありません。

 

血糖値を下げることができる運動方法は軽めの有酸素運動です。具体的にどのような有酸素運動が良いかと言うとウォーキングやジョギングなどと言った方法です。

 

そのような有酸素運動はエネルギーを身体を動かすことにあたって、血中から糖が必要となります。しっかりと血液中の糖が使われることによって血糖値を少しずつ下げることができると言う訳です。またウォーキングやジョギングではなくとも、プールやエアロバイクでも効果的です。まずは自分ができる、続けられる運動を選んで行うように心がけをしていきましょう。

 

 

血糖値が上がってしまうことによって起こる糖尿病とは?

血糖値が上がってしまうことによって起こる病気の1つとして糖尿病と言う病気が挙げられます。聞きなじみがある言葉であると思いますが、果たして糖尿病とはどのような病気なのでしょうか?

 

糖尿病は食物を摂取した際にブドウ糖を分解するインスリンと言うホルモンがあるのですが、そのホルモンの出が悪いことによって糖の吸収や分泌が阻害され、血糖値が高くなってしまうことによってさまざまな病気や症状を引き起こすことを指します。

 

糖尿病の合併症として目が見えなくなる網膜症や腎臓の働きが悪くなる腎症、触られた感覚などが分からなくなってしまう神経障害と言う3つ症状があります。これらは細小血管障害と言われるもので併発してしまうと命の危険もある症状ですから注意が必要です。

 

また動脈硬化を進め、脳卒中や心筋梗塞など他の症状を併発しやすくなってしまいます。このような症状先ほど述べた症状よりも死亡のリスクが高くなります。

 

糖尿病を保有している人は糖尿病でない人に比べて、寿命が10年から20年短くなる傾向にあります。そのような症状にならないためにも運動習慣や生活習慣を改め、糖尿病にならないように心がけていきましょう。ぜひ参考にしてみてください。