血糖値

糖質制限+就寝前の食事制限

健康な年の取り方をしたいと願う私は中年の頃から健康に良い食事を心掛け、週に3〜4日、一回30〜40分の運動を長年続けて来ました。

 

具体的には、肥満原因の第一である大好物の甘い物は平日禁止、休日解禁という形で制限しました。

 

また納豆や豆腐の植物性タンパク質を積極的に取り入れています。
運動はウォーキングと筋トレの組み合わせです。

 

60歳で身長168cm、体重62kg、体脂肪率17%という成果はまずまずだと自画自賛していました。

 

ところが還暦を越えると、正常値30〜149mg/dLの中性脂肪の数値が、206mgと要注意範囲に悪化しました。
原因は、加齢による基礎代謝の低下と油断による食事管理の乱れだと思われます。

 

加齢を止める事はできないので、先ずは食事管理について糖質制限を始めました。
甘い物は今以上に制限する事は嫌なので、御飯のお代わりを禁止しました。口寂しさは野菜料理で慰めます。

 

糖質制限は功を奏し156mgと基準値に迫りましたが、ここからなかなか進みません。

 

そして最近始めたのが就寝前の食事制限です。
帰宅後の食事を極力減らし、特にご飯は茶碗半分まで制限しました。

 

肉魚などメインも出来るだけ少なくして野菜料理をますます増やします。その代り起床後の食事はガッツリ頂きます。
睡眠時のカロリーオーバーを抑え、活動時のカロリー消費で中性脂肪を下げる作戦です。

 

帰宅後の食事管理は少々辛いですが、現在体重60kg、体脂肪率15%と結構な変化があるので、次の健康診断が楽しみです。

 

 

 

母乳のせいにして、スイーツを食べまくっていた。

子どもができて、完全母乳で育てました。よく出る方だったので、全く母乳は困らず、毎日朝はお腹が鳴って起きる程私の栄養も母乳になっていきました。

 

すると当然空腹状態です。食べていてもどんどん痩せます。こんな魔法みたいな事があるのか!!とかなり嬉しくなりました。

 

二人目を産んだ時、仕事復帰しましたが、職場は完全に私の意のままでした。お菓子をお客さんからよく頂くのですが、それを開封するかかりが私でした。私が一番古いので、私が開けないと誰も手をつけない状態でした。

 

そこで率先して開封していました。お歳暮や中元の時期には重なる様にお菓子が積み上げられます。そして、それを開封して皆に分けるのです。毎日様にデパートに入っているスイーツを食べていました。それでも母乳のお陰で太る事はありませんでした。

 

年末になると採血の時期です。結果は直ぐにきました。当然ですが、血糖値がかなり高かったのです。
正直あれだけ食べたもんな…と言うのが感想です。ただ、30代前半で糖尿病なんてごめんです。どうにか一念発起してスイーツを止めないといけないとは思っています。

 

ただ、母乳を終えた後もお菓子の癖は抜けずにかなり大変な思いをしました。癖が抜けるには空腹感なのかどうかをしっかり自分の体に聞いてみて、お腹が空いていない時には食べない様に努力しました。

 

健康な状態でも、血糖値が上昇してしまう事はやはりあるんだな、これが病気への入口なんだなと思いました。
今年の検査結果はこれからです。