高血圧

味付けは要注意!自分で行うようにしました

血圧が高い人は、食事に注意をすることが大切ですね。しかし毎日のことなのでつい、知らない間にんとても塩分を含む食事をしていることがわかりました。そのひとつとして、ソーセージやその他の加工食品があります。

 

仕事をしていると、そんなお弁当や加工食品を使った食事が多くなるのですがそれを改善することにしています。特に加工食品として、ソーセージはやめることにしました。それらはとても美味しいので、どんどん食べたりしていたんですね。しかし高血圧の食事としては、あまりよくないことがわかったのです。

 

そこで見直すことにしたのは、最初から味付けをしているものを買わないことにしています。それを食べることにより、簡単で気軽なのでとてもいいのですがやっぱり塩分が多いのです。知らない間に塩分を取りすぎている事もあるのです。

 

そこで出来るだけ、自分で味付けをして食べることにしています。自分で味付けをするのは、塩分を少なくすることができます。味覚としては、しっかり味が付いていると思うことができるのです。練りこんでいる味付けよりも、さっと表面につけた味の方が感じやすいということがわかりました。そのことを重視して、食事を作ることにしています。

 

 

高血圧は様々な対策ができますから

高血圧には脂肪が悪いということはわかっているわけですから普段の食事から脂質を軽減していこうと考えることは実に当然な考え方であると言えるのですが、実は悪いタイプの脂質であればそれは当然避けた方が良いのですが上等な良質な脂質であればたくさん摂るように心がけた方が良いということのあったりします。

 

さらに塩分に関しては基本的に抑えた方が良いですが、人間には塩分が必要というのもまた変えることができないような事実ということになりますのであくまでその点は注意しておきましょう。塩分を排出することができる成分であるカリウムなどをしっかりととるということも高血圧に対する対策として基本的にやるべきものと言われています。

 

このような食事からの改善ということがあるわけですがもう一つとしては運動などをしっかりと実行するということも重要です。高血圧というのは体質に依存するということもあるわけですが加齢によって起きるということもありますので基本的にどんな人でも年齢はそれなりになってしまったら高血圧気味にはなるということになります。

 

どうしてそんな事になってしまうのか、ということなのですが加齢によって血管が収縮する傾向というのが少なからずあるわけでそれが高血圧の原因になったりします。血管が細いわけですから圧力も高くなってしまうわけです。